別 名
所在地 東京都八王子市元八王子町
築城者 北条氏照
築城年 天正15年(1587)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・石垣・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物 門・木橋・石垣
史跡指定 国指定史跡
評 価
 北条氏渾身の山城である八王子城が築城されたきっかけは永禄12年(1569)の武田信玄による滝山城攻めである。武田軍の猛攻により滝山城は落城寸前まで追い込まれたことで北条氏照より堅固な山城の構築を決めた。滝山城の廃城とほとんど同時に八王子城の築城は開始され天正15年(1587)にはおおよそ完成したというが、あまりにも期間が長すぎるし氏照自身の居場所がなくなってしまうのでしばらくの間は滝山城も現役の城として存在していたと思われる。
八王子城 大手道 太鼓曲輪跡の堀切
御主殿の滝 御主殿の虎口 御主殿跡
山王台下の石垣 アシダ曲輪跡の土塁 アシダ曲輪跡の土塁
金子曲輪跡 小宮曲輪跡 中曲輪跡
本丸跡 馬冷やしの大堀切 八王子城からの眺望
 自宅からそれほど遠くないこともあり10回以上は訪れている身近な山城である。僕の場合は城館探訪だけでなく自然観察という側面もあり親しみ深い場所でもある。訪れる度に新たな発見があるので興味が尽きない。戦国時代の山城が廃城となった姿のまま残っている印象で遺構は申し分ない。滝山城や鉢形城と比較しても八王子城のほうが緊迫感が感じられ雄大かつ荒々しさが感じ取れる。崩れた石垣を見ているだけで気持ちが落ち着くし人で賑わう城でもないのでとても癒される。自然が豊かでたくさんの生き物が暮らしているのも楽しい。
 何度も訪れている城跡だが散策路はいつも同じで金子曲輪から本丸へ登り気が向いたら大堀切を見て帰ることが多い。大堀切から先の大天守へは未だに訪れたことがないのでそのうちに訪問する機会を設けたい。散策路からは外れるが太鼓曲輪の堀切と石垣も見事だった。以前は御守殿の奥から山王台下の石垣を見ながら登ることができたが最近の訪問では道が閉ざされていた。麓の居館地区と比較すると山頂付近は面白みに欠けるが馬冷やしの大堀切は見事な遺構だった。八王子城は純然たる山城なので様々な野生動物と出会うことがある。幸い熊の出没は聞いたことはないが猪は散策路にも出没するし御守殿付近の森には猿の群れがいることが多いので注意を必要とする。あまりにも広すぎて一日ではすべてを見ることができないが、これほどの山岳城郭がいつでも行ける距離にあるのはとても幸せに感じる。
JR中央本線「高尾」下車 西東京バス「恩方車庫」行で「霊園前」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2006/04/03・2011/05/09・2012/06/29・2016/05/05・2018/12/01