別 名
所在地 東京都八王子市高月町
築城者 大石定重
築城年 大永元年(1521)
廃城年 天正15年(1587)
現 状 都立滝山自然公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物 木橋
史跡指定 国指定史跡
評 価
 大永元年(1521)に滝山城を築いたのは大石定重とされる。大石氏の系譜についてはよくわからない点が多く居城についても滝山城の他にも浄福寺城や高月城が挙げられるがその編年についても曖昧な部分が多い。戦国時代には北条氏の有力支城として大きく改修を施され北条氏照が守っている。永禄12年(1569)には武田信玄の攻撃により滝山城は落城寸前にまで陥ったとされ、この経験から北条氏は八王子城の築城を決めたという。滝山城も八王子城もそれほど変わらないと思うが当時の北条氏はとにかく山城という意見に支配されていたのだろう。
滝山城 小宮曲輪跡の空堀 小宮曲輪跡の空堀
三の丸跡の空堀 馬出跡の空堀 千畳敷跡
二の丸跡の食い違い虎口 馬出跡の空堀 信濃曲輪跡
中の丸跡 本丸跡の虎口 本丸跡の虎口
本丸跡の井戸 本丸跡 滝山城からの眺望
 はじめて滝山城に訪問したのは高校3年の春休みだった。まだ中世城郭探訪の経験が浅かった僕でも巨大な空堀や広大な郭を見て素直に驚いたことは忘れていない。規模が段違いなのでわかりやすく初心者だった自分にとっては良き教本となってくれた城でもある。
 彫刻刀で抉り取ったような空堀の大胆さと北条氏らしい構成がとても美しい。これだけの名城でも前述の通り武田軍の猛攻で落城寸前にまで追い込まれたというから鉄砲が戦いの主流となると時代遅れになっていたのだろう。滝山城は広すぎて守るのに適さなかったかもしれない。そんなことを差し引いても今に残る遺構は訪れる者を楽しませてくれる。本丸の枡形虎口や大堀切も見事だが個人的には小宮曲輪に残るどこまでも続く空堀がとても好きになった。城跡は公園となっているが過剰な整備がされることなくそのまま城跡が残っているのが魅力的で真夏でもなければ十分にその迫力を感じることができる。
JR五日市線「福生」下車 西東京バス「丹木町」行で「滝山城址下」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・よみがえる滝山城/揺籃社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2008/04/02・2011/09/27・2018/12/01