別 名
所在地 東京都府中市片町
築城者 新田義貞
築城年 元弘3年/正慶2年(1333)
廃城年
現 状 高安寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 高安寺の歴史は古く天慶3年(940)に藤原秀郷が自らの居館に建立したという寺伝がある。武蔵国府と鎌倉街道に近い要衝であり鎌倉へ進撃する新田義貞が本陣を置き、室町時代には中興となった足利尊氏との縁から歴代の鎌倉公方が高安寺に布陣している。京都の本能寺と同じように城郭寺院として土塁と堀に守られた要塞であり発掘調査では高安寺の周辺で中世の堀や溝が多く検出された。戦国時代の争乱期でもその重要性は失われることがなく北条氏も高安寺を陣所として利用している。
高安寺の山門 弁慶硯の井戸の碑 木曽源太郎義顕墓所
 20代の頃の自分は競馬が好きで週末が訪れるといつも東京競馬場で過ごしていた。中山競馬場で開催されているときや夏のローカル開催のときも船橋法典や後楽園の場外馬券売り場まで行くのが面倒なので府中本町まで出かけて馬券を購入しモニターで観戦していたものだった。だいたいいつも友人と府中本町駅で待ち合わせたが、自分は普段から早く着くほうで時間を持て余して高安寺の境内を散歩したり今はもうないイトーヨーカドーで焼き鳥を食べて時間を潰したものだった。
 現在の高安寺には遺構は残っていないし往時より寺域も狭まっているが、本堂や山門は江戸時代に建てられた格式あるものであり、荘厳かつ静謐な境内はとても甲冑を身に着けた武士たちが往来したとは思えなかった。交通の要地であり当時は多数の塔頭や宿坊を擁していたことから戦時にはそれらがすぐに利用できるために軍勢の駐屯地となったのだろう。戦争映画を見ていても塔を備えた教会がよく野戦司令部として使用されるが中世の武士の世界でもそれは同じらしい。その時代からは隔たりがあるが墓地には木曽義仲の末裔で討幕運動に加わった木曽源太郎義顕の墓が建っていた。余談だが高安寺を訪れたのは東京競馬場で日本ダービーが開催された日だった。後に三冠馬となるディープインパクトが5馬身差の圧勝をしている。もちろんこの馬から馬券を買ったが自分が狙ったローゼンクロイツは8着だった。帰りはいつものように府中の街で仲間と反省会と称して飲みに行ったが、ちょうど同じ座敷にサンケイスポーツの競馬記者の人たちがいて一緒に飲んだ。紙面で知っている人もいてとても楽しかったことを覚えている。
JR南武線・京王電鉄「分倍河原」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2005/05/29