別 名 平田氏屋敷
所在地 東京都府中市白糸台
築城者 浅野長政
築城年 慶長4年(1599)
廃城年 慶長10年(1605)
現 状 府中白糸台幼稚園
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
評 価
 浅野長政は豊臣五奉行の一人であるが若年の頃に木下藤吉郎秀吉に仕え数々の戦いで活躍している。秀吉との距離が近いことから諫言することも多く豊臣政権が発足してからは秀吉に煙たがられたこともあったが朝鮮出兵では渡鮮して軍監を務めたりもしている。豊臣秀吉が死ぬと長政は徳川家康と昵懇の間柄になったが、どういうわけか家康暗殺の首謀者として嫌疑をかけられ家督を幸長に譲り武蔵府中に蟄居した。それは自らを人質として家康の領内に身を置いて浅野家の保身を図った行動であった。
 よく晴れた5月の休日に懐かしい府中本町へと出かけてみた。発掘調査が終わり公園化された武蔵国司館跡を見ることが目的である。20代の頃は週末になると府中競馬場へ訪れていたが娘が生まれてからはまったく足が遠ざかり、今では競走馬の名前すらもさっぱりわからなくなった。時々ニュースで名馬の訃報を見て当時を思い出すことがある。天皇賞でのメジロマックイーンの降着やサイレンススズカの競走中止、ジャパンカップでのオグリキャップとホーリックスの壮絶な叩き合いなどが文字通り走馬灯のように甦る。
 府中から少し移動して東京都指定史跡となっている浅野長政隠棲の地を訪ねてみた。5月1日なのに真夏のような暑さの中を武蔵野台駅から長政屋敷跡へ歩いた。折悪しく幼稚園のお迎え時間に当たってしまいカメラを首から下げてうろつくのは憚られた。もっとも園内に土塁と石碑があることはわかっていたので外周をさっと見てみると南へ下る道から園内ごしに土塁が顔を見せている。この日は府中本町の武蔵国司館と長政屋敷に訪れただけで帰路へとついた。
京王電鉄京王線「武蔵野台」下車 徒歩10分
郷土資料事典/人文社
2018/05/01