別 名 三田氏館・津戸三郎為守館
所在地 東京都国立市谷保
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地・城山公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定旧跡
評 価
 伝承としては三田県主貞盛の居館とされ現在も三田氏の末裔が居住している。また平安時代に菅原道武が平貞盛の娘を娶り居館を構えたとする伝承も残り、その末裔が津戸三郎為守であるとしている。三田貞盛と平貞盛は取り違えられて伝わっているような気もするし、三田氏は平将門の後裔を称しているから将門を討つのに多大な貢献をした平貞盛とを混同するようにも思えず自分の中では結論が出せないでいる。もっとも青梅で栄えた三田氏とは別系統なのかもしれない。谷保城については昔からあれこれと考えたkとがあるが、とても自分程度では明確な答えなど出すことはできない。
谷保城 空堀 空堀
土塁 土塁 土塁
空堀 虎口 井戸跡
 立川から南武線でたった3区間乗るだけで自然がよく残る谷保に着く。立川駅周辺の喧騒ぶりが嘘のように鬱蒼とした雑木林が広がり谷保天満宮や谷保の城山では静かな散策が楽しめる。一般的には谷保の城山とか三田氏館と呼ばれているが城主や歴史については不明な点ばかりであり谷保城と呼ぶのがもっとも相応しいと思う。
 一帯は城山公園に包括されているが今も三田氏の邸宅があるために外周の見学しかできない。3つの区画から成り立つ小さな城だが西側は既に宅地開発されてしまっている。見学は限られるが城跡は周辺の自然とともに大切に保存されているし、敷地内に入らなくても空堀や土塁を見ることはできる。武蔵野の自然や古民家が保存されている区域もあり散策するにはとても良い場所だった。
JR南武線「谷保」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・中世城郭事典/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2008/04/13