別 名
所在地 東京都日野市百草
築城者
築城年
廃城年
現 状 京王百草園・百草八幡宮
遺 構 郭・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 百草城は日本城郭大系でも掲載漏れとなっているので城跡と認識されたのは最近のことなのかもしれない。遺構ははっきりと残っているが歴史は不明で伝承も残されていない。
北尾根の曲輪跡 二の郭跡 主郭跡
主郭跡の堀切 西尾根の曲輪跡 南尾根の虎口
 東京都の城跡は島嶼を除けばほとんど訪れているが、古い資料には収録されていない城跡はまだ未訪問のままだった。東京都の中世城館に目を通してみると百草城はある程度の遺構が残されているように思えたので訪ねてみることにした。
 多摩市は多摩モノレールが開通してからは格段に訪れやすくなった。何度か乗り換えたり遠回りすることなく目的地へ着けるようになり有難く思っている。高幡不動駅から百草城まで歩いてしまおうかとも思ったが、この日は10キロ以上歩くことになるので体力を温存するため百草園駅までの一区間だけ京王線を利用した。駅から百草園まではそれほど遠くはないが、百草園までの坂道は意外と急だった。周囲を山林と住宅街に囲まれているので実感が湧かないが、ここまで登った坂のことを考えると城跡は相当な高さがあると思う。
 入口で300円の入園料を支払って散策を始める。古民家と庭園が美しいが目当ては城跡なのですぐに尾根へ向かった。北尾根の郭から見て歩いたが、まとまった人数が駐屯できるような広さはなく主郭もあっさりとしたものだった。百草園の範囲はここまでで金網の向こうは百草八幡宮の敷地となる。園内から境内へは道が続いており入園券があれば自由に出入りができる。どちらかと言えば境内に残る遺構のほうが見応えがあるが主郭を訪ねるにはやはり入園しなければならない。主郭から西へ派生する尾根上にも堀切があるようだが、尾根の途中までしか行けないようになっていたのが残念だった。1月だが陽射しが暖かく風もない日だったので冬越しをしていたキタテハが元気に舞う姿が見られた。城跡としての遺構も満足できるものであり気分を良くして多摩市の城館探訪へ向かうことにした。
京王線「百草園」下車 徒歩15分
東京都の中世城館/戎光祥出版
2019/01/11