別 名 沢山城
所在地 東京都町田市三輪
築城者
築城年
廃城年
現 状 沢谷戸自然公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 長らく謎に包まれていた三輪城だが歴史の解明は今もそれほど進んでいない。北条氏照の発給文書に三輪に軍馬を集めて備蓄米を江ノ島へ届けるようにという一文があり戦国時代に三輪という地名と三輪城が存在していたことを示す唯一の手がかりとなっている。現在の土地所有者の先祖は大和からこの地へやってきたという。故郷の三輪に似ている風景から同じ地名をつけたのかもしれない。
三輪城 腰曲輪 主郭跡の堀切
主郭跡の空堀 二の郭跡 二の郭跡の空堀
三の郭跡 四の郭跡の空堀 五の郭跡の土塁
 城跡好きが高じて中世城郭探訪の世界へ足を踏み入れたときから町田市にある三輪城のことは気になっていた。何といっても自分の苗字と同じ城名を持つ城であり一度は訪ねてみたいと思っていた。昭和40年代までこの城は誰にも知られることなく眠り続けていたが、急速な開発の魔手から逃れて今も美しい姿を見せている。はじめて訪れたときは道沿いの観光案内板に簡単なイラストとともに沢山城と表記されていたが再訪したときにはその案内板は撤去されていた。
 七面堂を主郭として周囲の空堀がよく残る。広々とした郭を見ると軍馬をこの城に集めた様子が想像できる。過去に二度訪れたときも私有地のために七面堂とその参道の散策は黙認されていたが団体客や取材はお断りするという立て札があった。その後は参道への立ち入りも禁止される措置が取られたということを聞いた。最近は私有地と公有地の区別がつかない人が多いのでこうした措置が取られたのだろう。過去に訪れたときも車で乗りつけた人が犬を連れたまま城跡の散策をしていた。神域であることを知らないのかもしれないが神社があれば常識で理解できると思う。特に年配者の態度の悪さが目につくということだったが街の中にいてもそれは何となくわかる。
小田急小田原線「鶴川」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社・関東の名城を歩く/吉川弘文館
2004/07/10・2014/01/17