別 名 小山田要害・扇谷要害
所在地 東京都町田市下小山田町
築城者 小山田有重
築城年 承安元年(1171)
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 小山田城は坂東八平氏の小山田別当有重が築いたとされる。小山田氏の後裔は後に甲斐郡内地方の領主となり、戦国時代には武田信玄の右腕として活躍した小山田信茂がいる。小山田城は文明8年(1476)に扇谷上杉氏が構えた小山田要害に比定され、今に残る遺構は室町時代に構築されたものとされる。
小山田城と大泉寺 大泉寺 城址碑
二の丸跡 本丸跡の堀切
本丸跡の堀切 本丸跡の土塁 本丸跡
 小山田城は二度訪れている。いずれも多摩センター駅から歩いて小野路城に立ち寄り田園地帯を横切って小山田城まで歩いた。このあたりは東京都とは思えないほど自然が豊かで素晴らしい環境である。真冬にしか来たことがないが春や夏に来ても美しいだろう。
 大泉寺の許可を得て裏山へ入らせてもらった。二度目に来たときは堀切に案内板が建っていた。少しだけ整備された気もするし五百羅漢みたいな石仏が点々と並んでいる。主郭に盛られた土塁の上にも石仏が並んでいるのには辟易したが、戦国時代以前の城郭としてこれだけの遺構を残すのは貴重だと思う。
JR横浜線「町田」下車 神奈川中央バス「小山田」行で「大泉寺」下車 徒歩5分
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社・中世城郭事典/新人物往来社
2004/01/03・2011/01/14