福島城
 
別 名
所在地 東京都荒川区南千住
築城者 千葉実胤
築城年 康正元年(1455)
廃城年
現 状 石浜神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石浜神社
 
 幻の城跡である石浜城を訪ねたのは8月も半ばを過ぎた頃だった。南千住駅から東京ガスの工場を横目に石浜神社へと歩く。白髭橋まで来ると風もあり少しだけ暑さが和らいだ。昔から石浜城の所在地についてはいろいろと議論されている。隅田の渡しを抑える石浜神社と台東区浅草の待乳山の2つの比定地があるが、最近は案内板も設置されている石浜神社に落ち着いている感じがする。
 馬加康胤に攻められた千葉氏は滅び去り千葉実胤は武蔵へ逃れて石浜城を築いた。弟の自胤は同じく武蔵に逃れて赤塚城を築いている。兄弟は太田道灌を頼って旧領の回復を目指したがそれもならなかった。実胤は所領の一つであった美濃に移り隠遁生活を送った。
JR常磐線「南千住」下車 徒歩15分
2001/08/19 日本城郭大系/新人物往来社
石浜城跡案内板