別 名 千葉城
所在地 東京都板橋区赤塚
築城者 千葉自胤
築城年 康正2年(1456)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 赤塚城址公園
遺 構 郭・空堀・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 板橋区指定史跡
評 価
 家中の内乱で本拠地の千葉を追われた千葉実胤と自胤兄弟は扇谷上杉氏を頼り武蔵へ逃れ、実胤は石浜城を居城とし自胤は赤塚城を居城とした。武蔵千葉氏は土地に根ざした領主でもなく確固たる地盤がなかったこともあり弱小勢力から抜け出すことはできず下総へ帰還することは叶わなかった。北条氏が勃興するとその支配下に収まり江戸衆に組み入れられている。天正18年(1590)に北条氏が滅ぶと千葉氏も所領を失い赤塚城は廃城となった。
赤塚城 水堀 水堀跡の赤塚溜池公園
腰曲輪 二の郭跡 伝二の丸跡の乗蓮寺
 赤塚城へは過去に二度訪れているが普通の公園という雰囲気しか感じることができなかった。よく探せば遺構は残っているのだろうが武士の夢の跡というよりは家族連れが芝生の上でお弁当を広げる風景しか思い浮かばない。武蔵千葉氏の居城であるから土塁が築かれた堅固な構えの城だったと思うが戦時中に高射砲陣地が置かれたために土塁は崩されて平坦に均されたという。
 赤塚城は少し辺鄙な場所にあり都営三田線の西高島平駅か東武東上線の成増駅から歩くとかなり遠い。三度目の訪問では西武池袋線の練馬駅から歩いたが45分ぐらいで着いた。今までと違い南側の台地続きに城内へ入ったので少し新鮮に感じた。本丸跡の芝生広場に城址碑が建つが土塁もなく空堀もないために城跡という感じがしない。台地の周囲に腰郭と空堀らしい地形が見られ北東には水堀とされる溜め池が残っている。赤塚城は湿地に囲まれていたので池の周辺がいちばん面影を残すのかもしれない。東京大仏のある乗蓮寺まで足を延ばしてみると二の丸跡と刻まれた石碑が建っていた。ここを城域とすることについては否定されているが出城ぐらいはあったと思う。
都営地下鉄三田線「西高島平」下車 徒歩15分
東京都の中世城館/戎光祥出版・日本城郭大系/新人物往来社
2008/04/07・2019/11/12