別 名
所在地 東京都あきる野市舘谷
築城者
築城年
廃城年
現 状 正光寺・宅地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 舘谷は古くは立谷村と書いたそうで鎌倉時代から来住野氏が治めていたという。武州南一揆に名を連ね戦国時代は小田原北条氏の被官としてその名が見える。屋敷跡はもうわからなくなっているが多摩丘陵の古城址では八幡神社付近と推定している。
正光寺 正光寺 八幡神社
 多摩丘陵の古城址に収録されている城館だが著者も城跡の範疇に入れてよいか逡巡している。地元の人々は普通にこの場所を城として捉えているようで実際にこの地形を見たら誰もが要害を築くだろうと思った。正光寺の山門はそれを意識してか冠木門で境内の西側にある路地を歩いていたら立派な土塁があった。
JR五日市線「武蔵五日市」下車 西東京バス「福生」行で「下舘谷」下車 徒歩5分
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2002/01/29・2008/04/26