福島城
 
別 名 徳蔵寺塁
所在地 東京都東村山市諏訪町
築城者 板倉氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 徳蔵寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
徳蔵寺
 
 徳蔵寺は新田義貞が戦勝祈願のために開基したと伝わる。北西には新田義貞が鎌倉攻めのときに陣を張った八国山があり麓に久米川古戦場の石碑が建っている。鎌倉時代には既に板倉氏の屋敷があったらしく新田軍が素通りしたとも考えられない。
 東村山駅から少しだけ歩くと徳蔵寺へと着く。もう遺構はないが寺の周囲を囲むように流れる小川が堀のように見える。徳蔵寺は江戸時代初期に建立された寺で境内には板碑保存館があり、重要文化財の元弘の板碑をはじめとする貴重な考古史料が展示されている。そうなるとやはり新田義貞の鎌倉攻めと何かしらの繋がりがあるように思う。付近は八国山や北山公園などがあって里山の風景が残っている。
西武新宿線「東村山」下車 徒歩15分
2001/08/15.2018/12/26 郷土資料事典/人文社
Webサイト/徳蔵寺ホームページ