福島城
 
別 名
所在地 東京都稲城市大丸
築城者
築城年
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
案内板
 
 大丸城は開発により消滅してしまった。おそらく昭和の終わり頃までは残っていたと思う。多摩丘陵の古城址の記述には開発の危機に晒されたとき心ある人たちの運動により保存されることになったと結んであるが、結局は心ない人たちによって山ごと崩されてしまった。近くには申し訳程度に城山公園という大丸城とはまったく関係のない公園が造成されている。とても人を馬鹿にした事業であり実際にここを訪れ大丸城として紹介している人も見かける。城山公園と名づけられた丘があれば当然そう思うだろう。
 跡形もなくなった大丸城跡の案内板が城跡よりも北側の道路沿いに設置されている。そこには更地となった城跡と調査によって明らかになった縄張りが解説文とともに記されているが、開発優先の風潮には呆れて物が言えない。高度成長の時代ならともかく間違いなく人口減少がやってくることがわかりきっている時代にわざわざ城跡を狙って開発を進めたのはなぜだろう。おそらくこれからもこの国の風潮は変わることなく続くと思う。
JR南武線「南多摩」下車 徒歩3分
2004/05/30 日本城郭大系/新人物往来社
多摩丘陵の古城址/有峰書店新社