福島城
 
別 名
所在地 東京都稲城市東長沼
築城者 長沼治郎大夫
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 稲城市は都心のベッドタウンとして開発されてきたために地形そのものが消え失せてしまった場所が多い。当然のように城跡も崩されて平らに均されているため遺構などは望むべくもない。長沼城もそんな城跡のひとつだが意外なことに石碑が建てられている。どうせ何もないだろうと軽い気持ちででかけたので石碑を見つけたときは嬉しくなった。
 碑文によれば長沼五郎宗政の居城と記されている。下野の豪族小山氏の一族たる長沼宗政がここにいたとは考えにくいしありえない。江戸時代になると城跡に報恩寺が建立されたが明治時代に廃寺となっている。地誌では西党長沼氏の居城としているが、これがもっとも的を射ているように思う。
京王電鉄「稲城」下車 徒歩5分
2001/09/15 日本城郭大系/新人物往来社