別 名
所在地 東京都西多摩郡瑞穂町箱根ヶ崎
築城者 村山頼任
築城年 平安時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 福正禅寺・宅地
遺 構 郭・水堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 武蔵七党のひとつで東京都西部を地盤とした村山党の本拠地である。遠祖の村山頼任が居館を構えた場所と戦国時代に村山土佐守の居館跡があり、詰め城として村山城があるが場所は微妙に異なっている。村山党の一族からは戦国時代まで栄えた山口氏や金子氏らを輩出しており、宗家の村山氏も北条氏の被官として存続していた。
加藤塚 円福寺 村山頼任館
村山土佐守館の堀跡 福正禅寺 福正禅寺山門
村山土佐守墓所 村山郷 村山城からの眺望
 この日は少し朝寝坊をしてしまい出かけるのが遅くなった。遠くへ行くには出発が遅すぎるのでどこへ行こうか思案したが、東京都の城跡も少しご無沙汰だったので村山党の故郷を訪ねてみようと思った。
 箱根ヶ崎駅から福正禅寺までは少し距離がある。途中で加藤塚と呼ばれる武田氏の家臣加藤丹後守景忠を弔う塚である。甲斐上野原の領主だった景忠は武田氏が滅ぶと武蔵へ逃れようとしたが、北条氏の軍勢に追尾され最後は落ち武者狩りに行く手を阻まれ箱根ヶ崎で討死したという。道路の建設で塚の位置は移されているが供養塔が建ち案内板が設置されていた。
 それから村山氏居館跡と村山土佐守館跡を訪ね歩き福正禅寺へ着いた。遺構はないので地形を見定めるためだけに来ている。境内を歩き墓地のある高台へと登ってみた。意外なほど眺望が優れており領主の居城に相応しい感じはした。西側の斜面はけっこう急で人工的に削り落としている気もする。最後は村山土佐守の墓を探したが、案内表示があるわけでもなくずいぶんと捜し歩いた。夕暮れが迫る武蔵野の晩秋を楽しみつつ上北台駅まで歩いてモノレールに乗り帰宅した。
JR八高線「箱根ヶ崎」下車 立川バス「立川駅北口」行で「石畑駐在所」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2015/11/19