福島城
 
別 名
所在地 東京都西多摩郡檜原村本宿
築城者 平山氏
築城年 室町時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
備 考
評 価
主郭 連続堀切
遠景 竪堀 主郭
堀切 二の郭 眺望
 
 東京都の最果てにある檜原村だが武蔵五日市駅から出ているバスの本数は意外と多く、本宿役場までの所要時間もそれほどかからないことを知った。この日は10月の終わりだったが山間部だからひんやりとしていた。あまりに気持ちが良くて檜原城を下ったあとはあきる野市へ戻り阿伎留城と網代城へ登っている。
 吉祥寺から登山道がある。麓から見上げると屏風が覆いかぶさるかのような威圧感を感じるが道は九十九折れで傾斜は緩く、実際に登ってみるとそれほど大したこともなかった。北から南西に連なる尾根上に数珠玉のように郭が並ぶ。案内板のある郭を主郭とする説もあるが、やはり最高所にある郭が主郭だと思う。その証拠に郭の前後は堀切で厳重に守られている。主郭を越えると三重堀切が残っているが、これが檜原城の最大の見せ場であろう。巨大ではないが尾根上に連続する堀切には迫力を感じる。麓まで続く巨大な竪堀も有名だが伐採した木の積出しのために設けられたという説もあり城郭の遺構かはわからない。帰りは竪堀を下り途中から登山道に戻り下山している。
JR五日市線「武蔵五日市」下車 西東京バス「数馬」行で「本宿役場前」下車 徒歩30分
2011/10/31 日本城郭大系/新人物往来社
中世城郭事典/新人物往来社
熊出没注意