別 名
所在地 東京都あきる野市小川東
築城者
築城年
廃城年
現 状 法林寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 伝承や記録は残らず大石氏か小川氏の居館と考えられているが個人的には扇谷上杉氏が二宮城を攻めたときの陣城ではないかと思う。伝承が残らないことが短期間のみ使用されたということの裏付けとなるのではないだろうか。
土塁 土塁 法林寺館からの眺望
 法林寺の土塁は遺構の大きさと見学のしやすさもあって城郭愛好家の間では知られている。何度か訪問しているが法林寺側も史跡として認識しているようで土塁のある場所は墓地に造成されることなく手つかずのまま保存されている。
 あきる野市は自宅からそれほど遠くないこともあり何度か訪ねている。今も牧歌的な風景が残り城館跡も遺構を残すものが多い。それでも市街地近くの城館は消滅してしまっているが法林寺ははじめて訪れた平成のはじめと比較してもほとんど変わらない。夏ともなると雑草が生い茂り土塁もただの草むらにしか見えないが冬には見事な姿を見ることができる。時々こうして昔訪ねた城館を再訪してみるのも自分の中では楽しい時間となっている。
JR五日市線「拝島」下車 西東京バス「秋川」行で「玉見ヶ崎」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2008/04/02・2019/09/15