福島城
 
別 名 小宮城
所在地 東京都あきる野市戸倉
築城者 小宮憲明
築城年 室町時代
廃城年 戦国時代
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
備 考
評 価
二の郭
遠景 西郭 横堀 二の郭
主郭 虎口 主郭 眺望
 
 はじめて訪れたときはとても城には見えなかった。目を奪われるような堀切もなく土塁で囲まれた郭もない。単なる物見の城ぐらいに考えていたが、二度目d横堀と堀切らしい地形を見つけて理解度が上がった。三度目となると良い山城と思えるようになっていた。
 武州南一揆の有力者小宮氏の居城という。百姓一揆とは異なり中世の一揆は地域武士団の集合体を指すことが多い。一向宗門徒はあらゆる階級の集まりだったが、主力を成したのは土豪と武装した僧兵だった。室町時代初期に築かれた戸倉城は戦国時代末期まで使われた城と比べるとささやかな造りだが、逆の見方をすれば北条氏が支配する以前の山城の姿をそのまま残していると言える。標高は434mだが山頂から見下ろす風景は格別であり、たった一人でこの眺めを独占できたのは最高の贅沢だった。
JR五日市線「五日市」下車 西東京バス「上養沢」行で「西戸倉」下車 徒歩30分
2003/09/30・2008/04/26・2017/11/15 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館
熊出没注意