福島城
 
別 名 千手山城・新城・案下城・松竹城
所在地 東京都八王子市下恩方町
築城者 大石信重
築城年 至徳元年(1384)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定 八王子市指定史跡
備 考
評 価
堀切
遠景 主郭 虎口 主郭
主郭 堀切 北東尾根 堀切 北東尾根 連続竪堀
北東尾根 堀切 南東尾根 竪堀 南東尾根 堀切
 
 浄福寺城は訪れる度に面白くなる城である。登りは少々きついが苦労に見合うだけの遺構が待っている。はじめて来たときは図面を見ながらも自分の位置を見失い、どの遺構を見たかもわからないまま山を下った。二度目は枝打ちされた樹木が堀切に放り込まれていたために途中であきらめたが、三度目はGPSで場所を記録しながら隅々まで歩くことができた。
 尾根と堀切の集大成と言うべき山城で、まとまった兵が籠れるだけの広さを持った郭はなく、四方に伸びる尾根に幾重にも巨大な堀切を刻み込んでいる。これだけ堀切があると移動は困難で城兵は持ち場で待ち構えて敵が来たら各個撃破すればいい。少ない兵力で敵を足止めできるし時間が稼げたら尾根伝いに逃げるという計算がされた山城である。最近は少しずつ整備が行なわれており、浄福寺の裏以外からも登る道ができている。
JR中央線「高尾」下車 西東京バス「大久保」行で「恩方事務所」下車 徒歩20分
2003/12/23・2011/12/19・2014/05/04 日本城郭大系/新人物往来社
関東の名城を歩く/吉川弘文館
熊出没注意