別 名
所在地 東京都八王子市横山町
築城者 長田元重
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 八王子横山町郵便局
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 八王子市指定史跡
評 価
 長田作左衛門元重は北条氏照に仕えていたが、天正18年(1590)に八王子城が落城すると前田利家に起用され、徳川家康が関東へ入国すると大久保長安に従い八王子の宿場町を発展させた人物という。元重はそのまま八王子宿の名主となり街づくり尽力している。
 横山党の居館跡とされる八幡八雲神社にある案内板には市内の旧跡が記された地図が併記されていた。そこに長田作左衛門邸の場所と簡単な案内文があったので妙薬寺にある横山氏の供養塔を見たあとで立ち寄ることにした。
 街の礎を築いた功績によって八王子市の文化財指定を受けていた元重の邸宅は横山町郵便局付近にあったというが、標柱や案内板すらもなく市街地に埋もれていた。遠い昔に八王子の街の土台を築いた偉人のはずだが発展を遂げたあとは何ひとつ顧みられることがないというのは薄情に感じられる。なお市内の極楽寺にある彼の墓所は東京都の旧跡となっている。
JR中央本線・横浜線・八高線「八王子」下車 徒歩10分
Webサイト/八王子市ホームページ
2020/01/10