福島城
 
別 名
所在地 東京都青梅市御岳山
築城者
築城年
廃城年
現 状 御嶽神社・山林
遺 構 郭・土塁・堀切
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
堀切
遠景 土塁
堀切 長尾平 眺望
 
 御岳山といえば東京都でも有名な山岳信仰の山だが、有名になりすぎてしまった高尾山や秩父の三峯山と比べると広々としているおかげでそれほど混み合うこともない。登りのケーブルカーを下りると夏でもひんやりとした感覚に包まれ、緑豊かで水も清らかな美しい山である。
 御岳山は家族で何度も訪れているが、御師集落や観光施設などがあるため城という実感は湧かない。しかし散策路を外れて人が訪れない場所に踏み込むと確かに堀切や土塁が残っている。北尾根の遺構と御嶽神社はかなり距離に隔たりがあるため今ひとつ城としてのまとまりを感じないが、部分的に見ると立派な城の遺構であることがわかる。
 御師集落を守るためのものなのか、北条氏が武田氏に備えて築いた城なのかはわからないが、神人の浜名重頼が奥多摩の豪族三田氏に属して軍役を務めていたことは確かなようである。僕は宗教についてはまったく詳しくないが、神域には結界があると聞いたことがある。御岳城の堀切もそうした類のものではないかと思う。
 
JR青梅線「御嶽」下車 西東京バス「ケーブル下」行で終点下車
御岳登山鉄道「滝本」から「御岳山」下車 徒歩20分
 
2010/10/08・2011/08/28 多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
中世城郭事典/新人物往来社
 
熊出没注意