福島城
 
別 名 将門柵
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町川井
築城者 尾崎十郎
築城年 平安時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 この年の青梅市は気温40度を記録した。これだけ暑いと出かける気にはならない。熱中症の心配があるし、青梅線の本数が少ないという理由もあるが、何よりも遺構がないということが大きい。猛暑も少し落ち着いた頃に青梅市へ出かけてみたが、尾崎柵にたどり着いたときには奥多摩町に入っていた。
 奥多摩から青梅にかけては平将門にまつわる伝承が多く残っている。尾崎柵も将門に従った尾崎十郎が構えた柵という。真実がわからない以上は伝承を尊重するしかないが、尾崎の集落は八坂神社と数軒の家があるだけで何も手がかりは得られなかった。集落の外れに小さな堂宇があるが何が祀られているかはわからない。多摩川を挟む対岸いは浜竹柵があるが、この2つの柵で一対を成していたのだろう。そう考えれば武田氏に備えて北条氏が構えた柵ということが想像できる。
 
JR青梅線「御嶽」下車 徒歩30分
 
2018/07/27 日本城郭大系/新人物往来社