別 名
所在地 東京都青梅市藤橋
築城者 平山虎吉
築城年 戦国時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 藤橋城址公園
遺 構 郭・土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定 青梅市指定史跡
評 価
 戦国時代に北条氏の傘下にあった平山越前守虎吉の居城とされる。平山氏は西党出身で源平合戦で名を馳せた平山武者所季重の後裔で戦国時代には北条氏に仕えていた。平山氏の居城としては峻険な檜原城が知られているが一族は青梅の丘陵地帯を本拠としている。藤橋城が最初から平山氏の居城だったのかは不明だが、城主については藤橋小三郎の名も伝わっているので藤橋氏の居城を平山氏が再利用したのかもしれない。
藤橋城 藤橋城址公園 主郭跡の土塁
主郭跡の土塁 主郭跡の土塁 二の郭跡の土塁
 勝沼城から今井城へ向かう途中に立ち寄った。この日は埼玉県入間市の金子十郎家忠館まで歩き八高線を利用して帰った。藤橋城は西から見ると風格を感じるが東から見ると何の変哲もない小さな公園だった。
 城跡公園となっているのは主郭であり土塁がよく残るがあっという間に見終えている。他にも副郭が存在していたようで土塁の一部が残っている。すべて見て回るのに20分もかからないほどの小さな城だが勝沼城と今井城のちょうど中間にあるので併せて見学することを薦めたい。
JR青梅線「東青梅」下車 西武バス「入間市」行で「藤橋」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
2007/01/25