福島城
 
別 名
所在地 東京都青梅市成木
築城者 木崎氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地・農地
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
土塁
 
 上屋敷、中屋敷、下屋敷という3つの屋敷跡から成る木崎氏の屋敷跡であり、木崎氏は上州新田郡を発祥とする一族という。戦国時代に上州を離れて武蔵へ移住し北条氏照に仕えている。氏照は豊臣秀吉との戦いを前にして三人の子を木崎氏に託したというから相当に重用されていたものと思う。北条氏が滅亡すると木崎氏は名主として同地に土着している。江戸時代には石灰採掘で繁栄し今も同地では子孫が健在だった。畑の中に残る土塁は基底部のみが残る状態だったが規模は立派なものだった。
JR青梅線「河辺」下車 都営バス成木循環「成木三丁目」下車 徒歩5分
2014/05/04 新編武蔵風土記稿