福島城
 
別 名 青梅陣屋
所在地 東京都青梅市森下町
築城者 大久保長安
築城年 江戸時代初期
廃城年 延享元年(1744)
現 状 熊野神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 青梅市指定史跡
備 考
評 価
熊野神社
 
 北条氏の旧領を与えられた徳川家康は関東に入国すると要地に家臣団を配置した。八王子は大久保長安が代官となり出張陣屋が青梅森下に置かれて大野善八郎と鈴木孫右衛門が赴任している。支配地は青梅だけでなく入間郡の加治、高麗、毛呂にまで亘り石高は2万5千石であったという。
 青梅駅から青梅街道を西へ歩くと熊野神社があり森下陣屋跡の説明板が立っている。遺構は何も残っていないが陣屋の前で青梅街道がクランク状に折れている。これが唯一残る陣屋の名残りで当時はもっと鋭角に曲がっていたという。
JR青梅線「青梅」下車 徒歩10分
2004/11/07・2011/02/24 森下陣屋跡案内板