福島城
 
別 名 大久保長安陣屋・石見屋敷
所在地 東京都八王子市小門町
築城者 大久保長安
築城年 天正18年(1590)
廃城年 慶長18年(1613)
現 状 産千代稲荷神社
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
石碑
 
 江戸時代の初めに権勢を誇った大久保長安の陣屋跡である。長安は甲斐武田氏お抱えの猿楽師の出身で武田信玄にその才能を見い出されて黒川金山の採掘に携わった。武田氏滅亡後に遺臣を多く召し抱えた徳川家康に仕え、その才覚により重用されるようになった。卑賤から身を起こしたのだから相当な器量の持ち主だったと思う。
 家康が関東へ入国したときに八王子に陣屋を構え甲州遺臣らを中心とした八王子千人同心を組織している。相当な権勢を振るっていたことは多くの外様大名らがこぞって長安と姻戚関係になろうとしたことでも推し量れるが、奢れる者は久しからずの例え通り長安の死後に存命時の不正を暴かれ一族は悉く失脚した。実際にそんな不正をしたのかは死人に口なしでわからないが、幕府の権力争いによる讒言もあったと思う。足利氏全盛の頃に権力を握った高師直や源頼朝の側近梶原景時らも長安と同じような運命を辿っている。
JR中央本線・横浜線・八高線「八王子」下車 徒歩25分
2001/08/25 日本城郭大系/新人物往来社