別 名 楯ノ沢城・館ノ城・宮ノ平城
所在地 東京都青梅市日向和田
築城者 三田氏
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 山林
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 東木戸とも呼ばれた楯ノ城は、北条氏に追い詰められた三田氏が籠った辛垣城のある山塊を守る文字通りの木戸と言える城で重臣が守備していたという。三田氏が滅び去った後の天正10年(1582)には武田氏の旧臣田辺清右衛門惟良が北条氏照に仕え楯ノ城へ移り住んだという。田辺氏と言えば今の塩山に屋敷を構えていた黒川金山衆にその名が見えるが、北条氏が滅亡すると惟良は徳川家康に仕えこの地で没した。彼の肖像画は東京都指定有形文化財として墓所のある青梅市内の金剛寺で保存され、屋敷門は明白院の山門として移築されたと伝わる。
空堀 土塁と空堀 空堀
土塁と空堀 虎口の土橋 伝移築門
 最初は真夏に訪れてしまい中に踏み込むことができなかった。二度目は2月で十分に遺構を楽しむことができたが、それでも城内は藪が多かった。日向和田駅から線路を越えて青梅丘陵へ登る道沿いにあるが、城跡の入口が藪の奥にあるので通り過ぎないように注意する必要がある。朽ちかけた案内板があるが錆だらけでとても読むことはできなかった。
 小さな砦という雰囲気だが遺構はとても良く残っている。街道を監視する役割を考えると青梅線の南側まで城域が広がっていたと思う。土塁と空堀と土橋が残る虎口は見事だった。少し足を延ばすと楯ノ城から移築されたという伝承がある明白院の山門がある。これがあの虎口にあったのかもしれないと思うと寺の山門でも違った目で見えてくる。ちょうど梅が見ごろで美しかった。
JR青梅線「宮ノ平」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・多摩丘陵の古城址/有峰書店新社
2001/08/13・2011/02/24