別 名 近藤出羽守屋敷・近藤砦
所在地 東京都八王子市館町
築城者 近藤綱秀
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 浄泉寺
遺 構 土塁
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 浄泉寺城は八王子城を守備して討死した近藤出羽守綱秀の居城という。城というよりは屋敷や館と呼んだほうがいいのだろう。坂の下に鎌倉権五郎景正を祀った御霊神社があり景正の居館があったというが、景正の拠点はその名の通り鎌倉市から藤沢市にあったと思われ景正その人も半ば伝説の中の人物なので鵜呑みにはできないが、同族の梶原氏がこの付近で所領を得ていたことは明らかで御霊神社は梶原景時により祀られたという。
 近藤出羽守綱秀は北条氏照の重臣であり自分が学生時代に読んだ書籍では助実という名前が一般的だったが今は綱秀で統一されている。氏照の北関東進出に多大な功績のあった武将で下野榎本城で占領地の経営を任されている。天正18年(1590)に豊臣秀吉の大軍が関東へ押し寄せると綱秀は八王子城に籠城し討死を遂げた。
御霊神社 土塁 土塁
 初沢城と谷を隔てて西にある高乗寺城山へ登るついでに少し足を延ばして浄泉寺へと立ち寄った。以前は御霊神社だけを見て帰ってしまっていたが、浄泉寺の境内に土塁があるということを知り再訪してみた次第である。八王子市内も市街地は人と車ばかりで好きになれないが、高尾に近づくと静かでのんびりとした散歩が楽しめるので気に入っている。
 浄泉寺は少し坂を登った場所にあり境内には土塁が残っている。土塁はかなり低くなっていて居館の遺構かどうかの判断はしかねるが、戦国時代の館跡でこの程度の土塁は他にもあるので遺構と考えて良いかと思う。空堀を探してみたが見つけることはできなかった。墓地の造成により失われてしまったのかもしれない。
京王高尾線「狭間」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/01/19・2013/02/01