福島城
 
別 名
所在地 東京都八王子市松木
築城者 大石宗虎
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
やかた公園
 
 北条氏に仕えた大石信濃守宗虎の屋敷で台地北麓にやかた公園がある。大石氏は木曾義仲の末裔を称し山内上杉氏の重臣として武蔵国西部で栄えた一族だが、その系譜や事跡についてはあまり解明されていない。北条氏の有力支城となった滝の城や滝山城はもともと大石氏の居城だったとされているが、その伝承についても信憑性はやや薄いように思える。戦国時代に一気に勢力を拡大した北条氏の前に降り、北条氏照を養子に迎えて家名存続を図った大石氏だが北条氏の滅亡とともに没落している。
 大石信濃守の屋敷跡は台地上にあり、今もその地形はよく残されているが、地表面で遺構を見つけ出すことはもうできなくなっている。発掘調査では堀跡が検出されているので探せば目にすることができる遺構があるのかもしれないが、民有地ということもあってあまり時間をかけて歩くことはしなかった。
京王線「京王堀之内」下車 徒歩20分
2001/08/23 日本城郭大系/新人物往来社