福島城
 
別 名 太田道灌館
所在地 東京都品川区北品川
築城者 太田道灌
築城年 長禄年間(1457〜60)
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
現況
 
 太田道灌が築いたと伝わる城館のひとつである。江戸時代には徳川家康の鷹狩御殿が構えられたために御殿山と呼ばれるようになった。現在も御殿山という呼び名は残っているが、城跡は幕末の台場築造の土取りで削られ明治以後は鉄道の開通により丘が崩されたためにどのあたりまでを御殿山と呼ぶのかすらわからなくなった。
 大永4年(1524)の高輪原の戦いは御殿山城のすぐ真下で合戦が繰り広げられたが、当時はまだ城の痕跡ぐらいは残っていたはずだから御殿山城も陣城として利用されたかもしれない。何もない御殿山城を撮影しに来たときにそんなことを考えながら歩いた。
JR新幹線・山手線・京浜東北線・京浜急行「品川」下車 徒歩10分
2001/09/05 日本城郭大系/新人物往来社