別 名
所在地 東京都青梅市梅郷
築城者
築城年
廃城年
現 状 梅郷児童遊園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 堀ノ内の地名があったことから武士の居館が構えられていたと考えられているが、伝承も遺構もなく詳細はわからない。
 久しぶりに早朝から青梅線に乗車した。思えばこの年の年明けは同じ青梅線の終着駅である奥多摩駅から氷川城へと登った。2月になると新型コロナウイルスの蔓延で日本はもちろん、世界中の人々が自由な往来をする機会を失った。秋の深まりとともに気温は下がり空気も乾燥してきたために再び感染者数が増えてきていたが、なるようにしかならないので出かける機会を増やした。
 青梅の城跡はずいぶんと数多く訪ね歩いている。残すところあとわずかだが全部を訪ねようとは思わない。この日は要害山へ登って遺構があるか確かめてみようと考えたが、数日前までの雨で山道はかなりぬかるんでおり、おまけに熊の活動も活発なためにあきらめて平地の城館伝承地だけを訪ねている。
 下村堀ノ内はわずかな伝承すらも残らない城館跡で所在地も第五小学校付近か少し離れた児童遊園あたりとされている。どちらも遺構らしき断片すらも残されてはいなかったが、児童遊園と自治会館のある場所のほうが館跡らしい雰囲気は感じられる。
JR青梅線「青梅」下車 都バス「吉野」行で「下郷」下車 徒歩2分
東京都の中世城館/戒光祥出版
2020/11/05