福島城
 
別 名
所在地 東京都八王子市宇津木町
築城者 武田勝頼
築城年 永禄12年(1569)
廃城年
現 状 八王子インターチェンジ
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
遠景
 
 北条氏の本拠地小田原を目指して進軍する武田信玄は拝島大師に本陣を構えて北条氏照が守る滝山城に攻めかかった。別働隊を率いた小山田信茂は廿里で北条軍を撃破し、尾崎山に本陣を構えた武田勝頼も滝山城に猛攻を加え落城寸前まで追い詰めたという。二の丸まで落ちたというから血気に逸る勝頼は相当に激しい攻撃を加えたらしいが、二の丸まで攻め落としたのであれば、あとはもうひと押しすれば落城させることができただろうになぜか兵を収めている。
 若き勝頼が布陣した尾崎山は八王子インターチェンジとなり山そのものが削られてしまっている。なんにも残らない城跡を近くから眺めることしかできないが、信玄の前で手柄を挙げたい勝頼の気負う姿が目に浮かぶようで、それなりに楽しんで歩くことができた。
JR中央本線・八高線・横浜線「八王子」下車 西東京バス「杏林大学」行で「尾崎」下車 徒歩5分
2011/09/27 多摩丘陵の古城址/有峰書店新社