別 名 由木六郎保経館・大石定久館
所在地 東京都八王子市下柚木
築城者 由木保経
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 永林寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 八王子市指定史跡
評 価
 鎌倉時代には横山党の由木六郎保経が館を構えていたとされる。横山党は和田義盛の乱で滅んでしまったので由木氏もそのときに没落したと思われ、室町時代に大石氏が由木氏の館跡を居城としたという流れのようである。
 大石源左衛門尉定久は関東管領山内上杉氏の重臣で武蔵国の守護代を務めていたが、天文15年(1546)の河越城の戦いで上杉憲政が北条氏康に敗れた後は北条氏の家臣となった。やがて北条氏照を養子として滝山城を譲り渡し戸倉城に隠棲している。
由木城 裏山の現況 大石定久像
 8月だったがそれほど暑さは感じない一日だった。曇り空の日に八王子市内の城館を訪ね歩いているが、どちらかと言えば日の目を見ない無名の城館ばかりで石碑や案内板のひとつもあれば満足していた。由木城は石碑も案内板もあり大石定久の銅像まで建っている。城としての遺構は失われているようで裏山に少し足を踏み入れてみたが、城跡と呼べるような遺構は何もなかったように思う。
京王線「京王堀之内」下車 徒歩30分
日本城郭大系/新人物往来社
2001/08/23