福島城
 
別 名
所在地 東京都八王子市片倉町
築城者 長井時広
築城年 鎌倉時代
廃城年 戦国時代
現 状 片倉城址公園
遺 構 郭・土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
備 考
評 価
主郭 空堀
遠景 主郭 主郭 土塁
主郭 空堀 二の郭 空堀 二の郭 空堀
二の郭 空堀 二の郭 虎口
 
 学生時代の友人たちと10年ぶりに再会することになった。そのときは茨城県の笠間城を訪ねたときだった。古い友人というのはまったく気兼ねを感じないのがいい。仲間の一人は中学1年生になる男の子を連れてきた。こんな家族付き合いができるのも嬉しく思うし、年齢を重ねるのはまんざら悪いことではないと思った。最近になって友人たちも城跡に興味を持つようになり、それなら訪れるのが容易で遺構も明確に残る城跡へ行こうということになり、八王子市の滝山城と八王子城を選んだ。待ち合わせがJR横浜線の片倉駅だったので1時間ほど早く着いて片倉城を訪ねることにした。
 片倉城も実に10年ぶりである。駅から近いのと低い丘陵なので訪問はとてもたやすい。ここならひと通り見ても待ち合わせの時間に遅れることもない。沿革については諸説あるが大江氏の後裔長井氏の居城だったとされている。長井氏が滅んだ後に北条氏が利用したとされるが遺構を見る限りではためらいを覚える。使ったとしても一時的なもので八王子城が築かれた頃はもう廃城になっていたと思う。
 城址公園として整備されているので歩きやすい。主郭と二の郭を隔てる空堀はかなり埋まっているが折を持たせた形状がよくわかる。前回は堀底まで草が刈られて美しかったが、10年経つと堀底は雑草が生い茂る藪になっていた。二の郭は普通の公園といった感じで面白味がないのでこれまでに訪ねていなかった空堀と腰郭を見ることにした。フェンスの切れ目から踏み跡をたどると確かに遺構が残っているが、竹林に覆い尽くされている。このあたりを整備すればさらに見応えが感じられると思うので残念だった。それでも前回より片倉城に対する評価は高まった。とても良い城跡だと思うし僕にとっては初めて野生のキツツキを見た思い出が忘れられない。
JR横浜線「片倉」下車 徒歩5分
2008/03/30・2018/12/01 関東の名城を歩く/吉川弘文館
日本城郭大系/新人物往来社