福島城
 
別 名
所在地 東京都世田谷区豪徳寺
築城者 吉良氏
築城年 応永年間(1394〜1426)
廃城年 天正18年(1590)
現 状 世田谷城址公園
遺 構 土塁・空堀
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
備 考
評 価
空堀
 
 足利氏一門の名族吉良氏の居城となった世田谷城は城址公園としてごく一部が保存されている。北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされるまで存続していたが、名門の居城としてはかなり寂しい感じを受ける。その家柄から吉良氏は不戦国家のような存在で北条氏も吉良氏を丁重に扱い領国と居城には手をつけなかった。北条氏滅亡後に関東を領有した徳川家康は源氏の末裔を称したことから、吉良氏を高家として召し抱えている。
 世田谷城は高級住宅地ということもあって周辺は住宅が建ち並んでいる。将軍に次ぐ家柄といっても現代人には関係なく、その居城も特に保全措置が取られることなく開発に晒された。南端の一部だけが城址公園として保存され空堀が残る程度である。これが地方であれば貴種尊重の気風が強いだろうから大切にされたのだろうが、旧家も少なく他所から移住してくる人が多いため遠慮なく破壊された。城址公園の北側にも遺構が残るが私有地のために入ることができない。
東急世田谷線「宮の坂」下車 徒歩5分
2000/01/04 日本城郭大系/新人物往来社