別 名 金子弾正館・柴田勝重陣屋
所在地 東京都三鷹市新川
築城者 金子弾正
築城年 戦国時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 戦国時代に金子弾正が屋敷を構えていたという。江戸時代初期には柴田勝家の孫にあたる勝重が陣屋を構えた。屋敷にしては広すぎるし扇谷上杉氏の時代に城郭が築かれていた可能性が高いと思うが伝承は残っていない。逆に敵対勢力の北条氏が深大寺城を攻めるための陣城を構えたのかもしれないが、わかっているのは戦国時代も半ばを過ぎた頃からのことだけである。
仙川と島屋敷 北西の平場 屋敷跡の地割り
 島屋敷は団地造成によって遺構は失われているが地図や航空写真でそのかたちを確かめることができる。規模こそ違うが静岡県藤枝市にある田中城と同じ同心円状の輪郭式平城である。堀跡が道路となっているのでそれを辿ることもできるが、土塁などの遺構がないために現地を歩いても普通の道を歩いているのと何ら変わらない印象しかない。
 久しぶりに島屋敷を訪れてみようと思った。関東は長雨が続きほとんど城館探訪らしいことができない日々が続いていた。遺構こそ残らなくても城館跡を歩きたい気持ちは抑えきれず懐かしさすら覚えるほどの青空の下を歩いた。この日は変電所の火災で京王電鉄と小田急電鉄に大幅な遅延と運休があったために平日の昼間というのに中央線と沿線の路線バスが大混雑していた。なんとか島屋敷へ着いてのんびりと歩いたものの陽射しは強く冷夏に慣れ切った体から汗が滴り落ちた。島屋敷跡は案内板が設置されているが、それよりも団地の棟を示す案内図のほうがよほどわかりやすい縄張図となっている。規模こそ違うが田中城とよく似ているのがわかると思う。ここから天神山城までは近いので楽に移動ができたが、そこから最寄りのバス停まではかなりの距離があり、結局は最初に降りたバス停まで戻り吉祥寺駅まで乗った。今度は中央線が人身事故で大きく遅れているため大泉学園行きのバスで西武新宿線の武蔵関駅まで移動して帰宅したが、どうにも交通機関に振り回された一日となった。
JR中央本線「吉祥寺」下車 三鷹シティバス「北野」行で「北野駐在所前」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2002/04/01・2019/07/19