別 名 青戸城・葛西御殿
所在地 東京都葛飾区青戸
築城者 葛西氏
築城年 鎌倉時代
廃城年 天正18年(1590)
現 状 葛西城址公園・御殿山公園・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定史跡
評 価
 葛西氏の居城ということになるのだろうが鎌倉時代の葛西城についてはよくわかっていない。ましてや青砥藤綱に至っては実在したかもわからない人物である。葛西城が歴史に登場するのは室町時代後半で山内上杉氏の家臣大石石見守が城主だった。古河公方足利成氏の介入による千葉氏の内紛では千葉実胤が葛西城で保護されている。
 下総と武蔵の国境という要衝にあったことから葛西城を巡っては何度か奪い合いが起きているが、天文7年(1538)に北条氏綱が葛西城を攻め落とし、古河公方が北条氏の傀儡となると足利義氏の元服が葛西城で執り行われている。天正18年(1590)に北条氏が滅ぼされると葛西城も廃城となり、徳川家康が関東へ入国すると鷹狩御殿として利用された。
 昭和40年代まで遺構が残っていた葛西城は環状七号線の建設により完全に失われた。高度成長期の開発で貴重な都内に残された城が最後の落城を迎えた瞬間だった。自分はまだ名古屋市に住んでいた頃で東京へ転居してきた頃は城の破壊が始まっていたことになる。
 何もないのは知りつつも一度は現場に足を運ばねばならない城だと思っていたので春先に訪ねてみた。環七道路が中央を分断し城跡は西側の御殿山公園と東側の葛西城址公園に分かれていた。何の変哲もない普通の公園で土塁も堀も残っていない。地図を見ると堀が道路と重なることを後から知った。これを事前に知っていたらもう少し楽しめたとは思うが、もう一度訪れて確かめようという気は起きない。
京成線「青砥」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社
2002/04/18