別 名
所在地 東京都北区赤羽西
築城者 太田道灌
築城年 文明年間(1469〜87)
廃城年
現 状 静勝寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 東京都指定旧跡
評 価
 文明年間(1469〜87)に名将太田道灌が築いた城である。江戸城と岩槻城、河越城を結ぶ中間地点に築かれた城であり、東奔西走する道灌にとってはここへ城を築く理由があったのだろう。廃城後は道灌の子孫にあたる太田備中守資宗が跡地に建っていた道灌寺を整備して静勝寺と改めたとされている。
 室町時代の関東を代表する名将太田道灌が築いた稲付城は赤羽駅の南口から5分程歩いたところにある。今は静勝寺が建ち明確な遺構は見られないが石段の脇に石碑が建っている。非業の死を遂げた道灌だがその死後に道灌の師であった雲綱という僧が稲付城に堂宇を建立し道灌の子孫太田資宗が寺名を静勝寺と改めた。静勝寺の境内には太田道灌御影堂があり毎月26日には道灌の木像が一般公開されている。
JR埼京線「赤羽」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2008/04/07