別 名 太田道灌別館
所在地 東京都新宿区筑土八幡町
築城者 太田道灌
築城年 室町時代
廃城年
現 状 宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 室町時代に太田道灌が築いた塁と伝わり、江戸時代に徳川家の鷹狩御殿が構えられたことから御殿山の名がついた。また常陸松岡藩主中山氏の下屋敷が置かれていたとも伝えられている。
 筑土八幡神社の西側にあったとされる太田道灌の別邸だが付近は住宅地となっている。筑土八幡神社も城跡なので2つの城は並んでいたことになるが、別々に分けて考える必要もなく堀切を隔てて新たな郭が築かれたというだけだと思う。特に被写体となるものもなく御殿坂の標柱を撮影しておいた。牛込消防署あたりから見上げる城跡は確かに台地先端に築かれたという雰囲気があった。
JR中央本線・地下鉄各線「飯田橋」下車 徒歩10分
日本城郭大系/新人物往来社
1995/02/14