福島城
 
別 名
所在地 東京都中野区沼袋
築城者 太田道灌
築城年 文明9年(1477)
廃城年
現 状 氷川神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
氷川神社
 
 江古田と沼袋原で豊島氏と戦った太田道灌が構えた陣城は氷川神社の境内となっている。道灌は沼袋に布陣して練馬城を攻め落とし、豊島氏の敗残兵が石神井城へ逃げ込むと愛宕山に本陣を移している。
 西武新宿線の車窓や沼袋駅から見える氷川神社には道灌杉と呼ばれる杉の巨木があった。今は枯れて杉の根だけが残っている。この杉が樹勢よく聳えていた頃に道灌が戦勝を祈願したということが案内板に書かれていた。高校生の頃から通学と通勤で毎日眺めている神社が太田道灌の陣城だったことはずっと知らなかった。古本屋で買った日本城郭全集という古い本で陣城の存在を知り一度立ち寄ってみようと思ったが、神社の案内板にもその当時のことが記されていたので案外嬉しかったことを覚えている。
西武新宿線「沼袋」下車 徒歩5分
2002/04/16 日本城郭全集/人物往来社