別 名
所在地 東京都文京区本郷
築城者
築城年
廃城年
現 状 東京大学
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 幕末の足音が聞こえる頃に前田屋敷の庭を掘り起こしたところ3万個程の丸石が出土したという。戦国時代は北条氏に仕えた太田新六郎康資の所領だったとされるが、本郷城を築いたという言い伝えは残されていない。
 幻の城とも言える本郷城は東京大学構内にあったとされ江戸時代には加賀前田家の上屋敷があった。今も東大の代名詞にもなっている赤門が残されているのでこれを見るだけでも訪れる値打ちはあるかもしれない。出土した丸石なのかはわからないが、敷地内には今も前田屋敷で使われたと思われる石が残っている。
地下鉄大江戸線「本郷三丁目」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社
2001/08/19