福島城
 
別 名
所在地 東京都多摩市関戸
築城者 鎌倉幕府
築城年 建暦3年(1213)
廃城年
現 状 熊野神社
遺 構
移築建造物
再建建造物 建物柱穴
史跡指定 東京都指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 和田義盛の乱が鎮圧されると鎌倉幕府は関戸に関所を設けた。内乱が起きた場合の備えとして設けられた関所だが、室町時代になると関銭徴収が主な役割となり軍事的な機能はやや薄れたらしい。当時は交通の要衝だったこともあり鎌倉時代末期に関戸では幾度か戦いが繰り広げられている。
 熊野神社の参道に沿って柱穴の跡が残り遺跡保存のため目印の杭が埋められている。熊野神社の鎮座する高台はいかにも砦跡といった雰囲気を色濃く残しており、真下を通る鎌倉街道沿いに関戸古戦場跡の標柱があった。多摩市の城館探訪は正直に言うととても退屈でつまらない時間だった。丘上のすべてが新興住宅地となっているために地形を観察するということすらできない。その中で霞ノ関所だけはわずかながらも歴史に触れることができた貴重な時間となった。
京王線「聖蹟桜ヶ丘」下車 徒歩20分
2001/08/29・2019/01/11 東京都の歴史散歩/山川出版社
霞ノ関南木戸跡案内板