別 名
所在地 東京都品川区西大井
築城者 金子氏
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 東芝会館
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 江戸時代の大井村に金子原と呼ばれる土地があり、往古に金子某という長者が住んでいたと伝承があったとされる。日本城郭大系では大井氏庶流の金子氏の居館と推定しているが確証はないとも記している。金子氏と言えばやはり村山党の流れを汲む一族ではないだろうかとも思えるが、こればかりはもう確かめることもできなくなっている。
 日本城郭大系によれば西側に土塁と思われる遺構があると記しているが、屋敷跡は東芝会館があるために立ち入ることはできなかった。正門にどっしりとした土塁があるがこれは遺構ではないのかという疑問が残る。ここはもう一度訪れて調べてみようかと思っていた頃もあったが、結局は行かないまま長い歳月が過ぎてしまった。
 昔はこうした企業の保養施設やクラブハウスのような建物がたくさんあったと記憶している。若い人たちには想像もつかないだろうが、昭和の時代までの日本は世界を牽引する技術大国であり経済大国だった。財閥系の企業はもちろん戦後の復興期に飛躍した大企業は今とは比べものにならないぐらいの規模を誇っていたが、こうした遺産も音をたてて崩れ去ろうとしている。この流れは今後も止まることがないだろうと思う。
JR横須賀線「西大井」下車 徒歩20分
日本城郭大系/新人物往来社
2001/09/06