別 名
所在地 東京都大田区東六郷
築城者 行方明連
築城年 永禄12年(1569)
廃城年
現 状 六郷神社
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 多摩川の渡河地点を抑え江戸城と小田原城の中間に位置する要衝である。行方弾正が砦を構えて武田信玄の軍勢を迎え撃ったというが日本城郭大系ではそれを一笑に付している。一方で東京都の中世城館では事実かもしれないという書き方をしている。最近はとかく逆説を唱える研究者が多くて辟易するが、武田軍の八幡塚砦攻撃説は奇をてらったわけでもなく興味深く読むことができた。
 品川区から大田区にかけての城館探訪で立ち寄ったと思う。もう少し先へ進み川を渡ればそこは神奈川県だから、東京都も思ったよりははるかに広く感じる。中世の六郷土手あたりは街道沿いの要衝だったとされるが、今ではびっしりと住宅が建ち並んでいる。高校時代に友人が羽田に住んでいたので大田区へはけっこう遊びに出かけたものだった。砦跡の遺構はもちろん残っていないが、六郷神社の裏には今も八幡塚が柵に囲まれて残っている。
京浜急行本線「六郷土手」下車 徒歩15分
日本城郭大系/新人物往来社・東京都の中世城館/戎光祥出版
2001/09/05