福島城
 
別 名 小仏関所
所在地 東京都八王子市裏高尾町
築城者 北条氏
築城年 天正8年(1580)
廃城年 明治2年(1869)
現 状 公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定 国指定史跡
備 考
評 価
石碑
 
 この日は暗いうちに出かけて遠出をする予定だったが、帰省から戻る人たちで帰りの列車が混むかもしれないと考えて高尾駅で降りた。高尾駅から八王子城や初沢城へ歩いたことは何度もあるが、西の小仏方面まで歩いたことはなかったので訪ねてみたかったこともある。小仏関跡に着いたときはまだ真っ暗である。このまま小仏峠まで歩いてみようかと思ったが体調が一息だったので無理をせずに関所跡まで引き返した。その頃には夜も明けていたので石碑を撮影し案内板に目を通した。戦国時代に北条氏が小仏峠に関所を設置し、その後は麓の駒木野にその機能を移転させたとある。時期的に考えると武田氏が弱体化した頃となる。北条氏が滅んだ後も徳川氏によって関所は維持されて江戸時代を通して重責を担っている。街道沿いには関所の番人を務めた川村氏の末裔が今も健在だった。
JR中央本線「高尾」下車 京王バス「小仏」行で「駒木野」下車 徒歩1分
2019/01/04 小仏関跡案内板