福島城
 
別 名
所在地 東京都町田市相原町
築城者 藍原孝遠
築城年 平安時代
廃城年
現 状 清水寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
清水寺
 
 御殿峠から殿丸城を経て鎌倉街道を歩いてきた。旧道が途切れると住宅地が広がり、急な坂道を下ると清水寺がある。横山党藍原氏の居館跡は今も所在が確定していないが、候補として挙げられるのが清水寺の裏にある台地先端である。御殿峠から続く旧道沿いに藍原氏館の所在を求める説もあるが、実際に歩いてみると清水寺説のほうが平安から鎌倉時代にかけての武士の居館としては相応しいように思う。これで墓所でもあればその信憑性は高まるのだが横山党の一族は鎌倉時代初期に和田義盛の乱で衰退してしまい、その事跡や館跡の場所がわからなくなっているものが多い。
JR横浜線「相原」下車 徒歩10分
2019/01/14 日本城郭大系/新人物往来社
武蔵武士/有峰書店新社