福島城
 
別 名 小山城
所在地 東京都町田市小山ヶ丘
築城者 小山有高
築城年 鎌倉時代
廃城年
現 状 山林・宅地
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
小山高ヶ谷戸緑地
 
 御殿峠から伸びる古道を散策しながら八王子市から町田市まで歩いてきた。本来なら山城へ登る季節だが年齢的なものか足が遠のいている。山へ登るのはそれほど苦にはならないが、そこまでの往復が面倒になりつつあり、家から近い場所ばかりを選んでいる。
 古道歩きが終わると見慣れた車道を眺めながらの散歩になった。三連休最終日とあって車の流れが途切れることがない。足も疲れてきたし気分的にも退屈に感じはじめた頃に小山太郎の館跡へ着いた。無論、正確な場所はわかっていないが、福生寺の裏山がどうやらそうであるらしい。殺風景な住宅街が広がるだけかと思っていたが、意外なほど緑地が保存されていた。中心部は宅地が建ち並んでいるが、その中心には手つかずのような藪山があり東京電力の鉄塔が建っていた。フェンスで囲まれて入ることができないが、このあたりが横山党の小山太郎有高が居館を構えた場所なのだろう。太郎有高も横山党の面々と同じく建暦3年(1213)に和田義盛の乱で討死している。
京王相模原線「多摩境」下車 徒歩5分
2019/01/14 日本城郭大系/新人物往来社