別 名 鈴木九郎屋敷
所在地 東京都中野区本町
築城者 鈴木九郎
築城年 南北朝時代
廃城年
現 状 成願寺
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
評 価
 東京の中世史には鈴木姓の長者が度々登場してくるが、いずれもその先祖は紀州熊野神社の別当に繋がる。源義経の家人に鈴木重家と重清兄弟がおり、品川湊の豪商鈴木道胤などもその系譜である。
中野長者屋敷跡碑 板碑 鈴木九郎の墓
 神田川にかかる長者橋を渡ると成願寺がある。境内には鈴木九郎伝説を描いた紙芝居風の絵があり興味深かった。九郎の墓も屋敷跡の碑と並んで建っているので実在の人物と考えていいのかもしれない。成願寺とその付近を歩いてみても城館らしさは感じられないが、地図で見ると方形居館の存在が浮かび上がる。まんざら伝説の中に存在する屋敷というわけでもなさそうだった。
地下鉄丸の内線・大江戸線「中野坂上」下車 徒歩5分
日本城郭大系/新人物往来社・成願寺案内板
2002/04/16