福島城
 
別 名
所在地 東京都千代田区千代田
築城者 江戸重継
築城年 平安時代末期
廃城年 室町時代
現 状 皇居
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
江戸城 桜田濠
 
 日本の中心となった東京の原点は江戸城である。徳川家の居城として今もその見事な遺構を楽しむことができるが、徳川家康が入部する以前は太田道灌が築き北条氏に受け継がれた中世の江戸城があった。戦国時代までの江戸城の位置もはっきりとわかっていないが、平安時代に江戸氏が築いた居館については手がかりすら失われている。
 秩父重綱の四男として生まれた四郎重継が武蔵に進出し江戸氏の祖となった。秩父党はこぞって江戸湾に流れ込む大河に沿って移住し土地を開拓しているのが面白い。当時の江戸は江戸湾に面した漁村だったらしいが、重継が居館を構えた場所は現在の本丸跡とも西の丸にあたる桜田の高台とも言われて確定していない。源頼朝が挙兵すると秩父党の多くは平氏に味方をしたが、安房へ逃れた頼朝が上総広常や千葉常胤といった房総の豪族たちを従えて武蔵へ迫ると江戸太郎重長は葛西清重の仲立ちで頼朝に帰参した。南北朝時代に起きた武州平一揆で江戸氏は敗れ衰退し、室町時代には江戸を去り喜多見へ拠点を移した。
 江戸氏の居館について新たな知見が得られる日を心待ちにしていたが、おそらくそれはこれからも解明されることはないと思う。東京育ちの僕にとって江戸城は身近で親しみ深い場所であり、これまでも数えきれないほど訪れているので知らないうちに江戸氏の居館跡をこの足で踏みしめていると信じたい。
東京地下鉄有楽町線「桜田門」下車 徒歩1分
2004/07/10・2008/11/13 日本城郭大系/新人物往来社
日本城郭全集/人物往来社
武蔵武士/有峰書店新社