福島城
 
別 名
所在地 東京都北区西ヶ原
築城者 滝野川氏
築城年
廃城年
現 状 飛鳥山公園
遺 構
移築建造物
再建建造物
史跡指定
備 考
評 価
飛鳥山公園
 
 小学校2年生の遠足で飛鳥山公園へ行ったが、都電に乗車したこと以外は何も覚えていない。誰と昼食を取ったかも何をして遊んだのかもきれいさっぱりと忘れている。その後も2回ぐらい訪れているが、小ざっぱりとした公園という印象しかない。
 いつの時代かはわからないが豊島氏庶流の滝野川氏が飛鳥山に城を築いたという。言い方は良くないが二級資料にしか記載はないので大きく割り引いて考えたほうが良いかと思うが、豊島氏が太田道灌と争った室町時代に砦が築かれたことは十分に考えられる。もっとも平塚城についてもその存在が疑問視されており、両者の戦いは石神井城と練馬城を中心として争われたということが確実視されている。
 おそらく20年以上の歳月を経て飛鳥山公園を歩いてみた。公園化でどこまで地形が保たれているかもわからないし、城があったということを示すものは何もない。渋沢栄一の邸宅跡や博物館があるぐらいで中世の世界はどこにも見つけることができなかった。このあたりでは目立つ独立した丘なので小規模ながら城砦が築かれていた可能性はあろうが、ひとまずは幻の城としておきたい。
JR京浜東北線・東京メトロ・都電荒川線「王子」下車 徒歩5分
2019/06/03 日本城郭全集/人物往来社
関東の城/小学館